旅と雑貨と。

旅と雑貨が好き。北欧周辺の国や、日本のクラフトの町を中心に旅をしています。雑貨方面は、今はハンドメイドのアクセサリー制作が中心ですが、また、雑貨や食器でも何かできれば良いなあとおもっています。

海外を旅して。

海外へ来て、3週間位たちました。

ホステルが一緒になった韓国の女の子と一週間ほど一緒に旅をしたり、趣味のあう日本の女の子と町歩きをしたり。

旅に出て、本当に沢山の人と話して、出会うことが出来ました。

私が宿泊で利用しているのはほぼ、ゲストハウスのドミトリーですが、そこで海外の人と話したりして、感覚の違いを感じる事もあります。
(身振り手振りや、翻訳サイトを使って)

どうしてロシアやポーランドにいかないの?ということは、私も、一緒に旅をした日本人の女の子もいろんな人に言われると言ってました。

私はハンドクラフトを見るのが旅の目的なんだよと伝えても、なんじゃそりゃといった雰囲気になる事もしばしば。

馬鹿にしているとかそういう事ではなく、そういう感覚が無いのだろうな〜と。足りない語学力でなんと説明しようかと、困ることも多いのだけど、こういった感覚の違いはすっっごく
面白いとも思う。

カルチャーや背景の違いもあると感じる。

日本人は旅に癒しを求める人も多いけど、海外の子は刺激を求めているのかな〜という事。

そうだ、京都行こうのCMであったり、箱根のCMや、地方への移住、農のある暮らしへの憧れなど。

日本で見かけるCMや注目されていることを見ていると、癒しという目的が上がってくる。私は癒されたい100%

ああ、私達って、疲れているんだなあ…なんて事をしみじみ感じました…笑

体感ですが、日本人は旅に刺激を求める人と、疲れを癒したい人は半々位かなって思う。

また、ホステルにいると、アジア圏でも英語を使う国があったりと、まあ、語学が堪能な人の多いこと、多いこと!韓国の人は英語がしゃべれる人が本当に多い。

日本ではまだまだ、英語が喋れることは、特殊能力みたいな感じ。語学ができる人もいるけど、できない人も沢山いる。

島国で、語学ができない人が大半で、周りに隣接している国もないから、良い製品を作って、海外に輸出して…という構図はとても自然な流れなのだと感じた。

また、長い休みはまだまだ取りにくいし、仕事で疲れているから、たまの休みくらい家で…とか、近場で温泉でも…なんて過ごしていると、英語を使う機会はどんどん減っていく。

日本で旅行していると、ゲストハウスのスタッフさん達は、英語がベラベラで、すっごいなー!なんて思ったりはするけど。

それにしても、小さな隔離された島国がこんなに発達して豊かなのはすごいことなのだと感じました。

海外に出稼ぎに行かなくても良いし、安全を求めて他の国に行く必要もない。

日本人が英語を話せないのは、話す必要がないからだとも思う。英語に話せる国に生まれなかったり、日常的に話すチャンスが無い事を不運と思ったこともあるけども、なんか面白いな〜なんて思いながら旅をしている。

そして、日本にいってみたい、東京は最高にエキサイティングな場所だと言ってくれる人が多いことに驚く。

(ありがたいことです)

私からすれば、あんな疲れるところに!?とも思うけど、海外にしばらくいて、日本に海外から観光に来てくれる人が多いのは、分かるような気がする。

旅人と話していると、退屈というキーワードが出てくることも多い。

私が、フィンランドでは公園や湖でぼーっとする予定などと伝えると、はっ?なんで?意味わかんない!みたいな反応をされる事があるのですが、なるほど、東京は絶対に退屈しないまちだ。

東京は何年住んでいても、ご飯を食べよう!という話になったら、まずはインターネットで調べることから始まる。

たとえ、それが東京出身の子と一緒だとしても!

東京というコンパクトな場所には最先端のファッションも、安くて美味しい世界中の料理、芸術、新宿御苑などの癒される公園、見たことのない道具、オリエンタルな街並み…とぎゅっと詰め込まれて、きっとやる事はつきないと思う。

ゲストハウスなので、バックパッカーが多いという事もあるかもしれません。

私のような、ハンドクラフトが好き!とか、日本で消耗したから、海外でリフレッシュしたいという感覚はゲストハウスで旅する人たちにはない感覚のようです。

もしかしたら、日本人の中でも、特殊な一派で、だからこそ、現地の人や、ハンドクラフトの職人さん達とすごく心が通じるのかもしれません。






エストニアはめちゃくちゃ楽しい!

f:id:mirkka5:20170531230308j:image

なんとなくビビってナーバスになっていたバルト三国ですが、もう、めちゃくちゃ楽しい!

f:id:mirkka5:20170531230734j:image

f:id:mirkka5:20170531230738j:image

物価も安いし、思ってたよりも人も優しい。

あ、スーパーのおばちゃんはロボットみたいにクールだけど、お土産物屋さんや、おしゃれショップのお姉さんなんかも優しい。

f:id:mirkka5:20170531230941j:image

タリンにも、ヘルシンキにもタンポポが咲いていた。

宿を日本人が集まりやすい宿にしたのも大正解!

関西から来ためちゃくちゃアクティブなマダム二人組、インターンを探しに来た欧州に留学中の男の子、日本語、英語がペラペラのお茶目なエストニアの青年、そして、優しくてとってもかわいい韓国の女の子。

スタッフさんも優しくて、すごく楽しいです。

昼間は一人で歩き回り、夜はみんなでラウンジでおしゃべりが定番になってきました。

英語の勉強頑張らないと!

バルト三国は全体的に物価も安くて、何を食べても美味しいけど、ニット製品が思ったよりかわいいものに出会えなくて、リガに期待!

今回は移動が多いから、なかなか購入に踏み込めず、本当に何も買ってないな〜。

ヘルシンキ カフェ ウルスラへ。

フェリーの中で、ヘルシンキについても振り返りを。ヘルシンキでは、海沿いの公園が気持ちよくて、何度も行きました。

首都からもこんなのどかな光景が見えるだ〜と、わくわくしながら散策を。

f:id:mirkka5:20170529203919j:image

海がキラキラと…。

f:id:mirkka5:20170529205650j:image

ガイドブックでもお馴染みの外観。

f:id:mirkka5:20170529205655j:image

ガイドブックを見て、絶対食べたかったブルーベリータルトを。カスタードがけ。

地元の人にも観光客にも人気のようで、ヘルシンキではじめて行列に並んだような…笑

あとは、アイス屋さんにも行列が出来てました。海を見ながらのんびりとした時間。

となりのカップルはチュッチュッチュッラブラブだったので、それならば私も好きなことするぞーととアクセサリーを作る事に。

ウェイターさんがきて、おこられるかなー?と思ったけど、空いたお皿にしか興味ないようで…。

この、適度にほっといてくれる感じが、とても楽です。




タリンへgo!go!


f:id:mirkka5:20170529183313j:image

旅のウォーミングアップのヘルシンキ一週間の滞在をおえて、今日はいよいよバルト三国へ移動します。

バルト三国は旧ロシア圏。

英語もよくわかんないのに、ロシア語なんて絶望的…。

チケットは全て抑えてあるので、リトアニアからフィンランドへ戻る便にさえ乗れれば、あとはのらりくらりで良いかな…。

エストニアは行ったことがあり、またタリンでは日本人オーナーのゲストハウスに泊まるので気持ちはちょっと楽かな。

f:id:mirkka5:20170529183338j:image

タリン行きのシリアラインに乗るのですが、記憶を頼りに一つ手前の乗り場で降りてしまったようで、工事現場のような所をスーツケースをもって、700mほど歩くことに。

f:id:mirkka5:20170529183321j:image

港の周りはがれきの山みたいになってますが、ターミナルの中は綺麗。

f:id:mirkka5:20170529183416j:image

カフェもあるので、早めについてコーヒー飲みながら…なんてのも良いですね。

タリン行きのフェリーですが、サイトから自分で予約して、片道4000円程度でした。

バルト三国ではもりもりお買い物するぞーと、意気込みつつ。

f:id:mirkka5:20170529183425j:image
↑トラムにて、以前見たなぞのモニュメント発見。確か以前はカウッパトリにあったきがする…。

無事にチェックインもおわり、フェリーへ。

中国人のおじちゃんが私のスーツケースがきになったようで、めっちゃ写真をとらる。おじちゃのファッションがナイスだったので、お返しに?私はおじちゃんの写真を撮らせてもらう…笑。

f:id:mirkka5:20170529185009j:image

我々には、通じ合うものがあったのでしょう!
しかし、おじちゃんナイスファッション!!

お値段の割に豪華客船!!

f:id:mirkka5:20170529193708j:image

こんな景色を見つつ。船の中にはスーパーもカフェもブュッフェもあって便利。

私は小銭消費のためにゲストハウスの自販機で買ったチョコとポテチ、水筒の紅茶でブレイク。

確か、もっと豪華なエリアがあったはずなんだけど、スーツケース抱えてウロウロするのも大変なのと、ウロチョロしてる困った東洋人を見かねてはなしかけてくれた優しい優しいマダムが、2時間だから、カフェとかに座ってても良いわねと言われて、それもそうかと思って、近場で腰をおろすことに。

f:id:mirkka5:20170529193904j:image

カウンターみたいなとこで、海を見つつ、観光本と中学英語のドリルで英語を付け焼き刃で勉強もしてみたり。

フェリーのWi-Fiにて色々調べつつ、タリンへgo!go!

ヘルシンキ ホステル ダイアナパークに宿泊。

ヘルシンキ到着から2泊ほど、ホステルダイアナパークというゲストハウスに泊まりました。

f:id:mirkka5:20170528235407j:image

f:id:mirkka5:20170528235436j:image

エレベーターはないので、スーツケースを持って、石の階段を3階まで上がる。

f:id:mirkka5:20170528235554j:image

場所は中央駅から徒歩10分ほど。

方向音痴の為、なかなかたどり着けない。近隣をグルグル回って、5人位の人に道を尋ねてようやくたどり着けました。

予算に余裕があれば、初日は中央駅横のソコスホテルでのんびりも良いかもしれません。

地元のおじちゃん達もここのホステルの事をご存知のようで、ホステルの名前と住所を書いた地図を見せると、ああ、あそこね!と。

ブッキングドットコムから予約しましたが、ブッキング通りの口コミ通りでした。

優しい優しいスタッフさん、エレベーターなしの3階、時々水しか出なくなるシャワー…笑。

でも、最高!

でも、最高。

f:id:mirkka5:20170525144201j:image

キッチンが清潔で十分道具が揃っていて、コーヒーなどのフリードリンクもある。

f:id:mirkka5:20170525144205j:image

f:id:mirkka5:20170528235310j:image

窓辺の席でお茶をしてる時間が至福でした。

人生初の男女ミックスのドミトリーでしたが、特に問題もなく。

また、いつか泊まりたいなあ〜。


ヘルシンキを主に散歩してます。


f:id:mirkka5:20170526013829j:image

4日目にしてやっと、トラム乗り放題のチケットを買って、真面目に観光するぞ!と意気込むも、今日はどうやらフィンランドの祝日の様子。

フィンランドの国旗をあちこちで見かけました。

f:id:mirkka5:20170526013804j:image

宿の近くの可愛い通りを見かけて、わぁ〜!可愛い〜といきなりコースアウト。

f:id:mirkka5:20170526014114j:image

見たことない木。

f:id:mirkka5:20170526014152j:image

フィンランドにもたんぽぽって咲いてるんだ〜!とか、結局いきあたりばったりのお散歩に。

ハカニエミまできて、トラムに乗ろうとすると、湖っぽいものが見える。朝、プチトマトを食べただけで、食事をとってなくて、お腹がペコペコのまま一時間も散歩してしまった。

そうだ、スーパーで何か買って食べよ!

f:id:mirkka5:20170526014437j:image

フィンランド名物のおかゆパン。
炭水化物×炭水化物。
日本の焼きそばパンみたいなノリなのでしょうか。

味は、おかゆを乗せたパンって感じ。

他に、ポテトチップス、ファッツェルのアイスなどを買って食べる。

f:id:mirkka5:20170526014658j:image

日が差すと、キラキラ綺麗。お腹いっぱいで、眠くなる。

f:id:mirkka5:20170526014721j:image

白樺の木。

f:id:mirkka5:20170526014837j:image

チューリップが可愛い。

f:id:mirkka5:20170526014711j:image
真面目に観光するぞ!と思ったのに、目に入る光景に、わぁ〜!となってしまって、結局、お散歩&居眠り。

今日は祝日でお店はほとんどしまってるし、今日は(も)お散歩と、ずっと行きたかったカイヴォプイスト公園に行くこと。

結局中央駅まで歩いてしまい、ストックマンに立ち寄ると、謎の人だかりが。

f:id:mirkka5:20170526015242j:image

いけてる若い女の子とかも並んでいて、テレビカメラや、ヘリコプターまで上空を飛んでいる。

これは、きっと何か凄いものが観れるに違いない!なんかのパレードか?とりあえず、私も並んでみる。ストックマンあたりの道、見渡す限り、人、人、人!

20分まっただろうか、みんなが一斉にカメラのシャッターをきる。私も、とりあえず押してみる。

f:id:mirkka5:20170526015607j:image

f:id:mirkka5:20170526015253j:image

白バイが通ったあと、黒い車が続く。

ん?パレードの先導か何かかな?
と思っていたら、蜘蛛の子散らしたようにみんないなくなった。なんだったんだ?

ロイヤルファミリーの方とかかな…?
訳もわからず。

みんないなくなってしまったので、公園を目指すことに。

f:id:mirkka5:20170526020110j:image

f:id:mirkka5:20170526020156j:image

めっちゃフィンランドって感じ!
こんな光景が首都で観れるとは。

f:id:mirkka5:20170526020207j:image

ここで寝転んだり、ゆっくりも2時間くらいかけて散策しました。ピクニックしてる人も沢山見かけました。今時男子がパソコンと水筒を持って、一人ピクニックしてたり。

いつまででもいれる公園。
ああ、浄化されていく…。

f:id:mirkka5:20170526020246j:image

散策してると話題のサウナ発見。
サウナに入った後、そのまま海に入れるという、世界の果てまでいってキューでおなじみの!

行ってみたいな〜。ブッキングがどうとかって書いてあるように気も?ちょっと調べてみよう。

f:id:mirkka5:20170526020321j:image

二階に登れました。カフェもあって、カフェだけでも利用できるみたい。

サウナに入ってる人の様子が外からも観れたのですが、フィンランドはまだちょっと肌寒いので、海にはいるのはちょっと厳しそう。

歩き疲れたので、スーパーによって食材買い込んで帰ることに。

f:id:mirkka5:20170526021451j:image

食事はスーパーの黒パンや、野菜と乳製品が安くて美味しい。パンやヨーグルトが0.5ユーロあたり、もりもり入ったミニトマトが1.5ユーロ位。

あとは、ミートボールやヤンソンさんの誘惑などフィンランドの定番料理のレトルトが美味しくて、そういう物を食べたりしてます。

f:id:mirkka5:20170526022437j:image

ゲストハウスの食器がアラビアのヴィンテージだった。お金がないのもあるけど、毎日外食して胃が疲れるより、これ位の食事が落ち着く。

ヨーグルトも、ミニトマトも、日本にもあるけど、違いがあって。フィンランドは暮らすように旅をするという事がぴったり旅だなあと思う。

フィンランドを散歩して、ピクニックしていると浄化されていく。

感無量。ああ、来てよかったな。
さてさて、明日は何よしようかな〜。



動詞が名詞化した動名詞

f:id:mirkka5:20170524034135j:image

昨日は徒歩で、ゲストハウスの周辺をプラプラしました。

朝六時頃に起きて、ゆっくり朝食をとったあと、またベッドに戻ってのんびり。

昼食に日本から持ってきたラーメンを食べてから出発。アンティークショップがたくさんあって、目に付いたアンティークショップや、キルップトリに行く。

f:id:mirkka5:20170524034946j:image

フラフラ歩いていたら、カウッパトリにたどり着いた。ヘルシンキは小さなまちだけど可愛いお店も多くて、適当に歩いていても、どこかしら観光スポットや可愛いお店にたどり着くのが嬉しい。

f:id:mirkka5:20170524034436j:image

カウッパトリから見えた、丘の上に適当に歩いてみたら、とても素敵な公園が。

f:id:mirkka5:20170524034246j:image

お花が沢山咲いていて、とても綺麗。

f:id:mirkka5:20170524034536j:image

見たことない色のチューリップ。

f:id:mirkka5:20170524034411j:image

でっかいワンちゃんをリードでつないで、ベンチでお昼寝しているマダム。

f:id:mirkka5:20170524034321j:image

カモメもいました。

スーパーで買った濃厚なベリーのジュース(スープ?)ファッツェルのチョコバーをおやつを買いました。

両方とも、0.5ユーロ位。
北欧は物価は高いですが、フィンランドは比較的物価が安い。

スーパーの値段を見ていると、パンやヨーグルト生活に本当に必要なもの決して高くない印象。パンやヨーグルトなどは1ユーロ以下のものも結構見かけます。

ブルーベリー入りのヨーグルトも0.5ユーロで購入。量も日本のものに比べて大きめ。しかも、フィンランドのヨーグルトはとても美味しい。

公園でお昼寝でもしようと思っていたのですが、ピクニックシートなしで座るとちょっと湿っぽかったので、腰を下ろす程度に。

日本から持ってきたテキストを使って英語の勉強をしました。といっても、中学生向けのテキストです。

勉強しながら思ったのですが、英語がどうこうより、英語を勉強する際に登場する、日本語の意味が分からない。

動詞が名詞化した動名詞

↑これはテキストに出てきた表現です。英語どうこうより、日本語の意味が解読できない。

頭がクラクラ、チカチカする。

英語は難しい、苦手だという意識があったのですが、英語自体への苦手意識ではなく、そうか!英語学習で登場する、日本語への拒否反応だったのかも!

そうかそうか。

よーし、関係代名詞とか、be動詞とか、その手の言葉は無視しよう!

テキストにそって基本学習をして、昨日話しかけられた時、あのスタッフさんは何て言ってたんだろう?とか、東京で外国の方に道を聞かれた時、どう言えばスマートだったんだろう?といった事を振り返りながら、調べたり、英会話を組み立ててみたり。

なるほど〜、英語の勉強って、楽しいかもしれない。

で、スーパーで食材を買って宿に帰って、1番の心配事だった、英語で書かれた保険の証明書関係の作業をしました。

プリントアウトどうしよう…と思っていたら、共有のパソコンに、0.5ユーロでプリントアウトしますよの張り紙が…!

英語の勉強をいかすぞ!と思って、フロントに突入するも、全然通じなかった!笑。見事玉砕!

仕方なく、一旦退散するも、どうにか意思疎通が取れたうえに、何と無料でプリントアウトしてしてもらえて…。

1番の心配ごとだった事が解決して、一安心。フィンランドの人って本当に優しい…!
そして、今回の保険関連でまきこんでしまった方達にも深く感謝。

旅人になると、優しさを色んな人からもらう事が多くて、削られていたヒットポイントがドンドン回復していく。

今日はチェックアウトして、別のゲストハウスに移動します。チェックイン苦手なんだよな〜。

さ、朝ごはんたべよ!